ふるさと納税

ふるさと納税についてのお役立ち情報を書いていきます

ふるさと納税とは

ふるさと納税という言葉がだいぶ普及してきたように感じられるようになりました。というのもテレビCMでさとふるさんが出てました。あれをみてて思ったのが、そもそもふるさと納税とは?という疑問解決をしていないのではという点です。

なので、これについて調べましたので、図解入れて、情報共有したいと思います。この納税方式は、特定の自治体に寄付をすることで返礼品がもらえるという制度です。そしてこの寄付分は確定申告をすることで翌年度に控除されます。控除という言葉が出てきましたが、買い物でいうところの値引きみたいなものです。

ふるさと納税をする場合としない場合とで、実質的には2000円の差だけです。ただこの図解に加えて、返礼品の価値が手に入ります。

例えば、上記図解から納税をしない場合と比べて2000円負担が増えますが、返礼品というのは、寄付額と同価値です。たとえば30000円の寄付をした場合返礼品は30000円分になります。そしてその寄付額は翌年度に控除されるので、返礼品だけ手に入るイメージです。

ただ手数料たる2000円は控除対象外でかかって来ます。でも上記例で考えると本来30000円ほど払わないといけないのが2000円で手に入るわけです。
 

ふるさと納税 限度額

ふるさと納税の実質負担金2000円で済むには寄付額に対する控除というものには寄付限度額も決まっています。平均年収について調べたら500万~600万とあったので、この2つを見てみます。

ただこの控除限度額について調べるのが正直面倒です。なので、ふるさと納税ができるポータルサイトでは給与収入に対する控除限度額がすぐにわかるシミュレーターを用意してくれています。

控除限度額シミュレータ(準備中)

いざふるさと納税をする時に何か名称から難しそうなイメージがあります。私の場合は最初そういうイメージでした。でも意外とそうでもなく、通販で物を買うのと同じようにできることがわかりました。それこそ楽天とかでもふるさと納税ができます。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ふるさと納税】◆【最高ランク5等級】九州産黒毛和牛ヒレステーキ
価格:15000円(税込、送料無料) (2017/12/28時点)

 

 

例えば黒毛和牛だとこんな感じでふるさと納税の返礼品になりますが、それを一つの商品を選ぶ感覚で出てるのでこれを選ぶ形になります。


 

ふるさと納税 クレジットカード

いざ納税をするときは、物を買う要領でできますが、これを現金振り込みとかでやるのではなくクレジットカード払いをすると利点があります。それはクレジットカード独自のポイントがもらえる点です。

三井住友VISAクラシックカード

 

準備中

初年度年会費無料で、マイ・ペイすリボへ登録し、年に1回以上使っていれば2年目以降も年会費無料になります。ふるさと納税を今後もやっていく場合、1回以上は利用するため、この条件ならば実質年会費無料で使えることになります。

1000円あたり1ポイント付与され、これを電子マネーとして使えたりそのほかキャンペーンも充実しているみたいなので、ふるさと納税の支払い方法として活用しつつ、それ以外の生活のお供として活用できるのが利点だと思います。

準備中

 

個人的におすすめなのがこのクレジットカードですね。理由は条件を満たせば、年会費無料になり、付与されるポイントで電子マネーとして使えるためです。
 

まとめ

1.ふるさと納税の実質手数料は2000円。ただし寄付控除の限度額が決められている
2.納税をするのは通販で買い物をするのと同じくらい手軽にできる
3.納税をする際にはクレジットカードを使うとポイントがついてくる