外壁塗装 ランキング

外壁塗装を検討し始めるのは築15~20年くらいになったあたりか瓦が飛んだりして雨漏り発生しているなどのトラブルに直面している場合などみたいです。

親戚に外壁塗装を依頼したことがあると聞いたことがありますが、その時も上記の年数くらいでした。そこで経験者として話を聞いてみると気になったのは相場がいくらくらいになるかということと、良い業者がどこか、などだったそうです。それともうひとつ、業者選びにだいぶ時間がかかったという話も聞きました。

ここで親戚に聞いたところのポイントは相場がいくらか、良い業者がどこか、業者選びに時間がかかったという点です。でも、これらを一気に解決する手がないかを探していたらありました。もちはもち屋というように外壁塗装についてはその手のプロに頼むという方法です。親戚が相場や業者だけでなく、そのほか気になることを相談できるところがあります。

その中で、無料で相談ができることと、手軽さという点で、申し込みに必要な情報が少ないところをランキング形式でまとめてみました。

★申込時の入力項目が少ない外壁塗装見積もりランキング★

1位 外壁塗装駆け込み寺

 

詳しくはこちら

見積もりや相談が無料で利用でき、申し込みに必要な項目は3点、氏名(匿名可)、電話番号、延べ床面積です。

見積もり希望者全員に業者の選び方や良い見積もりを出すコツなどの情報が掲載されたガイドブックが無料でもらえます。

業者満足度ランキングも上位5社が掲載されているため、業者選びの情報として活用できると思います。

詳しくはこちら

2位 ヌリカエ

 

詳しくはこちら

外壁塗装や屋根リフォームの相談や見積もりを完全無料で利用でき、申し込みに必要な項目も4つ、メールアドレス、電話番号、建物情報(一戸建てなど)、塗装種類(屋根、外壁など)のみです。

一番のメリットは見積もりをしていてもやっぱり断りたいという場合も代行でやってくれる点です。つまり知識や情報の収集だけの目的での利用もできる点だと思います。

相談する際には専門相談員がニーズをヒアリングしてくれます。そしてそれに応じて適切な業者を紹介してくれるので、そこから業者を選ぶ形です。

詳しくはこちら

3位 外壁塗装の窓口

 

詳しくはこちら

外壁塗装の見積もりや相談が無料で利用でき、申し込みに必要な項目は、6点、お住まいの都道府県、延べ面積、塗装の目的、実施個所、電話番号、メールアドレスです。

こちらも業者に対して断りたい場合に代行でやってくれます。専門相談員がついてるので、その方と気になっていることなどを相談し、業者を選んでいく形です。

詳しくはこちら

上記ランキングでは申し込みまでのステップが少ないものにフォーカスを当てましたが、私個人の考え方ですと、これに加えて、業者への断り代行も重要だと考えるタイプです。

というのも複数の業者から最終的には1業者を選ぶので、自然とそれ以外に比較検討していた業者へは断りを入れる必要があります。それを代行でやってくれるというのは結構重要だと思います。

なので、申し込みまでのステップは1ステップ増えますが、断り代行をしてくれるヌリカエさんが個人的にはおすすめです。

まとめ

1.外壁塗装の一括見積で相場や気になることなどの相談ができる
2.見積もりができるところでは断り代行をしてくれるところがある
3.見積もりだけ、相談だけの申し込みもあり

プロフィール

カスタマエンジニアとして仕事をしています。趣味としてはPC、主にタワーパソコンを自作したり、ゲームをちまちまやってます。最近、外壁塗装に興味が出てきたので調べたりもしてます。 詳細