宅配クリーニング

宅配クリーニングの費用や特徴などの比較情報についていろいろと書いています。

宅配クリーニング 比較

通常のクリーニングと宅配との大きな違いは自分で洗濯物を持っていくか、そうでないかです。宅配の場合は、取りに来てくれるので、わざわざ自分で持っていく手間が省けるのが大きいと思います。

この宅配クリーニングにも複数あり、何をクリーニングに出すかによって、費用に違いがあります。ここではクリーニングにシャツを出すことが多いそうなので、これにフォーカスを当てて、半年間スパンでシャツ10点を毎月クリーニングに出した際に、費用が安い順に宅配クリーニング店をランキング化しました。
 

費用が安い宅配クリーニングランキング

1位 リネット

 

詳しくはこちら

有料会員で750円、無料会員で1150円。
会員数が10万人に上る実績があるため、クリーニングを安心して任せられると判断できます。不備があった場合は、1週間以内であれば無料で再仕上をしてくれます。

紛失防止策として全衣類をバーコード管理されています。保管期間は最大8か月

詳しくはこちら

2位 せんたく便

 

詳しくはこちら

3,592円
プラズマクラスターイオン発生機を設置した部屋で保管され、紛失対策としてバーコード管理されています。万一、紛失などしてしまった場合に対しての補償制度があるため、不安なく任せられると思います。

保管期間は最大で9か月です。
シャツなどのほかにも布団クリーニングも依頼できます。

詳しくはこちら

3位 リナビス

 

詳しくはこちら

4,900円
創業55年の老舗店で公式に掲載されているスタッフをはじめとしてプロが衣類1つ1つを手作業でクリーニングし、自然乾燥をしてくれます。

無料相談サービスがあるため、不安点などを取り除ける。実際の利用者も9000人以上に上り、利用者の声も出ていて、それを見ると、満足度の高い声が多く見受けられるので、クリーニングを安心して任せられると思います。

保管期間は最大6か月です。ただ、利用者が1万人に達した時点で新規利用者の受付を終了すると公言されています。現在はどれくらいの利用者になっているかは公式サイトに掲載されています。

詳しくはこちら

 

 

上記について、いずれもしみ抜きは無料でやってくれます。このランキングについてはシャツ10点をクリーニングに出した場合なので、条件が変わればランキング結果も変わってきます。

例えば、スーツ2着、コード、ダウンジャケットを出した場合などです。上記のシャツ10点を毎月出した場合の半年間での費用の比較も合わせて、表でまとめました。

このようにクリーニングに出すものによって、費用の安いクリーニング店は変わってきます。ただそれぞれ安心して任せられるポイントはありますが、よりユーザーに近いことと、無料相談も受けられるという点から、一番安心感が高いのはリナビスさんだと個人的には思います。

まとめ

1.シャツ10点をクリーニングに出す場合、一番安いのはリネットさん
2.ユーザーに一番近いのはリナビスさん
3.せんたく便さんでは布団クリーニングも受け付けてもらえる